ユニクロで買ってはいけない品? メンズファッションコラム

以前、通報ウェブで興味深い記述が紹介されていました。
題して『ユニクロで「これを買ってはいけない!」カテゴリー』
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1366579?news_ref=w_topics
ユニクロは、量産による省エネルギーで、高品質な製品を安く販売するお店として有名ですよね。
(省エネルギーのあおりで、スタッフはかなり酷使されているが、最近はどうなんでしょうか…)
そんなユニクロも、ハイカラなどの観点から見れば、「みっともない」売り物も確実にあると思います。
記述中で紹介されていた、買ってはいけないカテゴリーは…
◆ユニクロで「買ってはいけない」損失物品 WORST 5
●1弱 デニムシャツ(バイコントラスト)2,990円
流行のバイコントラストだが、かえって心残り色つやに。ユニクロがシャレオツ狙いになると失敗するリーダーシチュエーション
●2弱 ツイード外套(ヘリンボーン)7,990円
根底が可愛らしくパッと見のインプレッションもいいのに、影法師が古くさく袖を通すとおっさん臭がする
●3弱 スリムフィットストレートジーンズ 3,990円
サイズ感が中途半端で、同じ細身デニムもスキニーのほうが青写真も影法師も◎
●4弱 ウォームイージーカーゴ 1,990円
裏地がフリースで防寒性は秀逸が、太い影法師になってしまい、下半身が厚く窺える
●5弱 ヴィンテージベルト 1,990円
革製品は根底が命。ユニクロの革ベルトは青写真がシンプルなだけに根底の安っぽさが際立つ
全体的に辛口なんですが、いくつかの共通点がありますね。
この記述か紹介していますが、おしゃれに置いて大事なのは「根底、青写真、影法師」です。
ユニクロの場合、ここが心残りことが多いんですね。
根底は、Tシャツやトレーナーなどはほとんどいい売り物も多いですが、”高級感”という点では大いに見劣りしますし、Tシャツもベタベタ分厚かったり、ダサい売り物も多いです。
青写真は…これはなんでしょうか、デザイナーが断じてイケてるとは思えないものが多いですよね。
ユニクロは開始スタイルがないのが売りだったような気がするのですが、スタイルを持たせようと青写真にハマると、とたんに”斬新”なものが出来上がっている気がします。。
そして影法師。これが最高峰ダサイですね。
ユニクロの場合、あくまでも”普段”というか、OFFの父ちゃんが楽に着られるファッションというのが主役狙いですと思います。
そのため、青写真は基本的にダボッとしてあり、ビール胃腸のオッサンでも着られるような身幅、着丈となっているものが多いです。
スタイルなどにもよりますが、メンズファッションの場合、基本的にはスリムな影法師のほうがオシャレに見えるので、
古臭い影法師はみっともない、というかオッサンぽく見える。
何より、2弱に挙げられておるツイード外套などは、完全に辞職後のトラベルトリップに参加してくるおじいさんが着ている一品ですよね。
さて、散々な呼び名になってしまいましたが、これで終えるのは誠実ではないというので、
個人的に、ユニクロで買ってもいいとおもう製品も紹介しておこうと思います。
ひとまず、元記述の中でも紹介されていますが、ここではあたし個人の主観で買っても相応しいものを考えました。
●ヒートテックインナー
薄手で、着ているだけで優しい。冬には手放せない物品になってきつつありますね。
薄手なので着ぶくれしにくいことも利益です。
「ヒートテックも寒い!」に関しては、実践クリエイターから遥かに高性能な当事者が発売されているので、そちらをオススメします。
●フリース(客間着として)
冬の客間着としてならフリースは無敵ものののではないでしょうか。
温かいし、動きやすいし、単に寝ちゃってもかなり大丈夫ですよね。
これを着て外部に現れる瞬間、どうすればオシャレになるのか、あたしには依然として見つかっていません。
●ウルトラライトダウン
レギュラーの防寒オーバーというより、バッグのなかに放り込んでおいて、寒い時に羽織れるオーバーとして非常に快適
毎年好転が繰り返しられていますし、低くてかさばらないから当事者回避としても活用できますね。
ただし、その命中っぷり故に、人とカブリめくるは心機一転しなくてはいけません。
以上、ユニクロファンの方が見たらすごい怒られそうな記述になってしまいましたが、機能性や廉価だけでなく「ハイカラ」の観点からも、ユニクロを見ている記述は強敵なかったので、紹介させて頂きました。